ハゲる原因は男性ホルモン?

ハゲの原因は男性ホルモン?

男性ホルモン量が多いと薄毛になる、ハゲになると昔から定説のように語られていますが、コレって根拠のある事なのでしょうか?

 

男性ホルモン量が薄毛に関係あるのは本当です。
しかし、それが直接の原因ではないです。

 

男性の薄毛は、ほとんどが男性型脱毛症です。
いわゆるAGAと呼ばれるものです。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因

 

AGAの原因は、精巣内にある還元酵素5αリダクターゼの働きが活発なこと。

 

5αリダクターゼは、毛穴と男性ホルモンが変にくっついた時に悪さ?ハゲの要因づくりをしてしまいます。5αリダクターゼの働きが鈍ければ、AGAになる可能性も低いようです。薄毛やハゲの原因は、男性ホルモンの量よりも還元酵素5αリダクターゼの働き具合のほうが大きいのです。

 

そして、これらの働きは体質、遺伝が大いに関係してきます。
ハゲは遺伝するというのを聞いた事があるかと思います。

 

男性ホルモン量=ハゲになると云うのを信じて、それならば女性ホルモンを打ってもらうというのをまじめに考えている人もいるようですが、無意味です。

 

どうしてもハゲになりたくない!
という男性は・・・去勢の道があります(汗)


噂検証@精力剤で薄毛になる 噂検証A男性ホルモン多いとハゲる 噂検証B石鹸で頭皮を洗うと禿げる